beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

長谷部奮闘で内田シャルケを完封!フランクフルトは7戦ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2.14 ブンデスリーガ第21節 フランクフルト1-0シャルケ]

 ブンデスリーガは14日、第21節2日目を行い、MF長谷部誠とMF乾貴士の所属するフランクフルトはホームでDF内田篤人の所属するシャルケと対戦し、1-0で競り勝った。長谷部、内田はフル出場。乾は10試合ぶりのベンチスタートとなり、最後まで出番がなかった。

 試合序盤はシャルケが主導権を握った。前半8分、MFトランクイロ・バルネッタのスルーパスに反応した内田が右サイドのスペースに飛び出し、ゴール前に折り返したが、DFがクリア。同15分にはMFマルコ・ヘーガーのミドルシュートをGKが弾いたところにFWエリック・マキシム・シュポ・モティングが詰め、ゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定だった。

 前半をスコアレスで折り返すと、後半は徐々にフランクフルトが押し返す。後半9分、守備で奮闘していた長谷部が意表を突くドリブル突破で一気に駆け上がり、PA内に進入。DFベネディクト・ヘーベデスに倒されたが、笛は鳴らなかった。その後もシャルケを押し込むフランクフルト。すると後半20分、DFティモシー・チャンドラーの右クロスに途中出場のMFルーカス・ピアゾンが頭で合わせ、均衡を破った。

 さらに追加点のチャンスをつくるフランクフルトだが、内田の体を張ったディフェンスもあり、2点目は生まれない。終盤はシャルケが同点ゴールを目指して攻勢を強めたが、後半42分、右CKから途中出場のFWフェリクス・プラットが放ったヘディングシュートもGKの正面。最後まで同点に追いつくことができなかった。シャルケは6試合ぶりの敗戦で4位後退。フランクフルトは7試合ぶりの白星を飾り、待望の2015年初勝利を挙げた。


▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2014-15特集

TOP