beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

小野途中出場のスタンダールはホームで3失点敗戦、PO2敗目

このエントリーをはてなブックマークに追加
[4.17 ベルギーリーグPO1第3節 スタンダール・リエージュ1-3ゲント]

 ベルギーリーグは17日、プレーオフ1第3節の1試合を行った。GK川島永嗣とFW小野裕二が所属するスタンダール・リエージュはホームでゲントと対戦し、1-3で敗れた。川島と小野はベンチスタート。小野は後半39分から途中出場したが、川島は出番なしに終わった。

 スタンダールは果敢にゴールに迫るもラストパスで精度を欠き、チャンスらしいチャンスを作ることができない。すると、前半23分、左クロスをMFダニイェル・ミリチェビッチが落とし、FWニクラス・ペデルセンが右足ボレー。このシュートにGKテュラム・ユリアンが一歩も動けず、スタンダールは先制点を許した。

 後半7分にもペデルセンに決められ、2点を追う展開となったスタンダール。同10分に相手のクリアミスをつないで最後はMFムヤンギ・ビア、同17分にはFWイモー・エゼキエルのシュートが枠を捉えたが、相手GKに防がれる。それでも同21分に右CKから相手のハンドでPKを獲得すると、これをビアが落ち着いて決めて、1-2と1点差に詰め寄った。

 スタンダールはその後、MFジェフ・ルイや小野を投入し、攻勢を強めたが同点ゴールが遠い。逆に後半アディショナルタイム4分にさらに失点してしまい、そのまま1-3で試合は終了。スタンダールはプレーオフ2敗目を喫した。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド

TOP