beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

田中順也が2戦ぶり今季5点目!!先発起用に応え、3連勝に大きく貢献

このエントリーをはてなブックマークに追加

[4.27 ポルトガルリーグ第30節 モレイレンセ1-4S・リスボン]

 ポルトガルリーグは27日、第30節の1試合を行った。FW田中順也の所属するスポルティング・リスボンは敵地でモレイレンセと対戦し、4-1で勝利した。3試合連続で先発出場を果たした田中は、前半36分に2試合ぶりとなる今季5点目を挙げて、勝利に貢献。後半18分までプレーした。

 試合は開始2分にS・リスボンが動かした。PA左でパスを受けたFWフレディ・モンテロのシュート性のクロスをFWカルロス・マネが右足で押し込んで、幸先よく先制に成功する。同34分には田中のポストプレーから攻撃のスイッチを入ると、DFセドリク・ソアレスのシュートは相手DFに阻まれたが、こぼれ球をモンテロがバイシクルシュートを決めて、2-0とリードを広げた。

 攻撃の手を緩めないS・リスボンは前半36分、MFナニの浮き球パスをPA内で受けたモンテロのトラップは大きくなったが、これをゴール前に走り込んでいた田中が左足で押し込んで、3-0とする。しかし、同44分にはゴール前での混戦を押し込まれ失点。悪い流れのまま前半を終了した。

 S・リスボンは後半6分、右クロスからナニがヘディングシュートを放つも至近距離で相手GKに弾き出される。同21分にはサイドチェンジからマネが中央に切れ込んで右足を振り抜いたが、GKの横っ飛びセーブに遭い、なかなか追加点を奪えない。

 その後、モレイレンセの反撃に苦しんだS・リスボンだったが、後半40分にMFディエゴ・カペルの左クロスをモンテロが頭で合わせて勝負あり。S・リスボンが4-1で勝利をおさめ、リーグ戦を3連勝とし、無敗記録を7(6勝1分)に伸ばした。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド

TOP