beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

金沢、粘りのAT弾で11戦無敗…千葉は5戦ぶり失点で逃げ切れず

このエントリーをはてなブックマークに追加
[5.17 J2第14節 千葉 1-1 金沢 フクアリ]

 J2は17日、第14節を開催し、フクダ電子アリーナでは4戦連続完封中で2位のジェフユナイテッド千葉と10戦無敗中で3位のツエーゲン金沢による上位対決が行われ、1-1のドローに終わった。

 千葉は前節から先発3選手を代え、出場停止明けのMF谷澤達也の他、DF田代真一とMFネイツ・ペチュニクを先発起用。一方の金沢は前節から2選手を入れ替え、DF阿渡真也とFW金子昌広を先発起用してこの一戦に臨んだ。[スタメン&布陣はコチラ]

 前半1分にMF金井貢史のクロスの流れから、MF佐藤健太郎がジャンピングボレーで狙ったシュートがクロスバーを叩くなど、序盤からホームの千葉が金沢ゴールを脅かす。しかし、同8分と同9分にはMF谷澤達也がミドルレンジから放ったシュートがともに枠を外れ、同12分にはDF中村太亮のCKをMFネイツ・ペチュニクがヘッドで合わせるもGK原田欽庸の好反応に阻まれて先制点を奪うには至らなかった。

 対する金沢は前半16分にカウンターを発動させ、FW金子昌広のグラウンダーのクロスにMF佐藤和弘が飛び込んだものの、合わせることができず。その後も金沢はシュートまで持ち込むシーンをなかなか作れなかったが、集中した守備で千葉にも決定機を作らせずにスコアレスのまま前半を折り返すこととなった。

 後半に入ると同5分にMF秋葉勝がミドルレンジから狙うなど、金沢もシュートチャンスを作り出し、同9分にはカウンターから最後はMF清原翔平がシュートを放ったが、ボールはGK高木駿の守備範囲に飛んでネットを揺らすことはできなかった。

 後半、なかなかリズムをつかめない千葉は後半14分にMF井出遥也を投入。すると、直後のプレーで井出が試合を動かす。相手CKをはね返してカウンターを発動させた千葉は、左サイドで待ち構える井出へとボールを預ける。ライン際からドリブルを開始した井出は一気にスピードアップしてPA内までボールを運ぶと、寄せてくる相手DFをフェイントでかわして中央に侵入。右足で強烈なシュートを突き刺してスコアを1-0とした。

 その後、金沢が猛反撃に出るが、後半36分に秋葉が放った強烈なミドルシュートはDFのブロックに遭い、同37分にCKから放ったDF作田裕次のヘッドがクロスバーを叩くなどチャンスを生かせない。しかし、後半アディショナルタイムにゴール前の混戦から途中出場のFW辻正男が決めて、ついに金沢が同点に追い付く。

 試合終了間際にFW森本貴幸がクロスバー直撃のヘディングシュートを放つなど、両チームともに最後まで勝ち越しゴールを目指したが、その後スコアは動かず。1-1のドローに終わり、勝ち点1を分け合った。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
[J2]第14節 スコア速報

TOP