beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[総体]履正社はMF牧野の2G1Aなどで4発発進、明秀日立高を下す

このエントリーをはてなブックマークに追加

[8.3 全国高校総体1回戦 履正社4-1明秀日立 三木防災]

 平成27年度全国高校総体「2015 君が創る 近畿総体」のサッカー競技が3日に開幕した。履正社高(大阪2)はMF牧野寛太の2得点1アシストの活躍などで明秀日立高(茨城)に4-1で勝利した。

 試合は前半15分に動く。FW西村光明がドリブルで持ち込むと右サイドの牧野のパスから最後はMF佐藤拓人が右足シュートを決めた。履正社が先制に成功する。同25分にはPKを獲得。これを牧野が冷静に右足で決め、2-0と差を広げた。前半を折り返す。

 前半はFW伊藤駿介の放った1本のシュートに終わった明秀日立高。ハーフタイムには2人を交代した。しかし流れは変えられない。

 後半11分には履正社が3点目。FW林大地の浮き球パスを相手がクリア。最後はこぼれを拾った牧野が決めた。牧野の2点目が決まり、3-0に突き放す。さらに同29分にはダメ押しの4点目。林がドリブルで持ち込むとパスを受けた途中出場のFW菅原大空が右足でシュート。4-0と試合を決定付けた。

 終了間際の後半34分には明秀日立が意地をみせる。MF小池架惟斗の右CKから最後はDF林大地が頭で叩き込んだ。そのままスコアは動かずに試合は終了。履正社が4-1で勝利を果たし、初戦を突破した。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2015

TOP