beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大分U-18からMF岩田とFW吉平翼、MF江頭が来季トップチームへ…昨年に続く3選手昇格

このエントリーをはてなブックマークに追加

 大分トリニータは30日、下部組織のMF岩田智輝(写真中央)とFW吉平翼(写真右)、MF江頭一輝の来季トップチーム昇格内定を発表した。岩田と吉平は今季トップチームに2種登録されていた。大分は昨年に続く3選手の昇格となる。

 U-18日本代表に名を連ねる岩田は、大分U-15宇佐出身者として初めてトップチーム昇格となる。クラブを通じて岩田は、「今年は2種登録としてトップチームの練習に参加し、試合にも出場して多くの事を経験したので、プロ1年目からこの経験を活かし活躍できるよう努力していきたいです。自分の良さを出し、チームの勝利のために頑張るので、応援よろしくお願いします」と意気込みを語っている。

 また、2種登録選手として今季J2リーグに4試合出場しているU-18代表MF吉平は、「幼稚園のころから大分トリニータでサッカーを始めて13年間、夢だったプロサッカー選手になることが出来て嬉しいです。今までお世話になった両親や家族、指導者、学校の先生への感謝の気持ちを忘れずにこれからも努力し続けたいと思います。1年目から自分の長所でもあるダイビングヘッドや、気持ちを全面に出したプレーでチームに貢献して活躍できるように頑張ります」とコメントしている。

 高い戦術眼と展開力が持ち味の大型ボランチの江頭はクラブを通じて、「小さい頃からの夢だったサッカー選手になれて凄く嬉しく思いますし、自分をここまで成長させてくれた両親や指導者の人達に感謝の気持ちでいっぱいです。プロは厳しい世界ですが、プロの世界で活躍する事が今まで関わってきた人たちへの恩返しになると思うので、1日1日を大切にし、自分の持ち味であるダイナミックなサイドチェンジや球際の強さを出して、早く大分トリニータの力になれるよう頑張ります」と語った。

 以下、クラブ発表のプロフィール

●MF岩田智輝
(いわた ともき)
■生年月日
1997年4月7日(18歳)
■出身地
大分県宇佐市
■身長/体重
176cm/70kg
■経歴
四日市南SSC-大分U-15宇佐-大分U-18
※2015シーズン トップチーム2種登録
■出場歴
天皇杯:1試合
■代表歴
2013年:U-16日本代表
2015年:U-18日本代表
■プレーの特徴
高い身体能力と技術で、様々なポジションをこなすユーティリティプレイヤー。守備ではフィジカルの強さを活かした対人プレーや球際の強さを発揮し、攻撃では正確なクロスやゴール前への飛び出しなどでチャンスを作る。大分トリニータU-15宇佐出身として初めてトップチーム昇格となる選手。

●FW吉平翼
(よしひら つばさ)
■生年月日
1998年1月5日(17歳)
■出身地
大分県大分市
■身長/体重
171cm/70kg
■経歴
大分サッカースクール南大分校・大分ガス校-大分U-12-大分U-15-大分U-18
※2015シーズン トップチーム2種登録
■出場歴
J2リーグ:4試合
天皇杯:1試合
■代表歴
2015年:U-17、18日本代表
■プレーの特徴
クロス、スルーパスなどどんなボールにも反応し、恐れることなく貪欲にゴールを狙うフォワード。また、チームのために労を惜しまず前線から献身的な守備を怠らない。強気な性格が表れるプレーは、仲間や観客にパワーを与える選手

●MF江頭一輝
(えがしら かずき)
■生年月日
1997年5月13日(18歳)
■出身地
山口県宇部市
■身長/体重
179cm/71kg
■経歴
上宇部サッカースポーツ少年団-クレフィオ山口FC-大分U-18
■プレーの特徴
高い戦術眼と展開力を持ち、中盤の底からゲームを作る大型ボランチ。球際の強さとカバーリングで相手の攻撃の芽を摘み、左右両足から繰り出す長短のパスで攻撃の起点となる

TOP