beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レアル、コパ敗退&罰金処分へ…出場停止のチェリシェフ起用で

このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペインサッカー連盟は4日、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)で出場資格のない選手を出場させたレアル・マドリーに同大会での失格と、6001ユーロ(約80万円)の罰金処分を科すと発表した。なお、レアルは処分に対して不服申し立て手続きを行うと表明している。

 コパ・デル・レイ4回戦から登場したレアルは2日、敵地での第1戦でカディス(2部)と対戦。レアルは、MFデニス・チェリシェフが昨季所属していたビジャレアルで累積3枚目となる警告を受け、処分を消化することなくレアルへ移籍し、この試合は出場停止のはずだったが、それを知らずに先発で起用してしまった。

 ロシア代表MFは先発の起用に応えて先制点を決める活躍を見せ、レアルが3-1で先勝したが、カディスは3日にスペインサッカー連盟に今回の件を訴えていた。今季、3回戦でオサスナも出場停止処分を受けていた選手を起用したことにより、大会から姿を消していた。このため、レアルも大会規則違反で4回戦敗退になることが濃厚と見られていた。

●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

TOP