beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[大学選手権]キャリア最後の一戦…トップ下指名の関学大MF福冨が「開き直り」から放った輝き

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.19 大学選手権決勝 阪南大0-4関西学院大 駒場]

「トップ下起用を言われたのは一昨日です。ずっとボランチが多かったですけど、むしろ自分としてはトップ下の方がいいかなと。監督からはとりあえず走っとけと言われていた。だからとりあえず走ってました」

 4冠を目指した関西学院大だが、決勝戦でエースFW呉屋大翔(4年=流通経済大付柏高)を欠く戦いを強いられていた。そこでとった布陣は出岡大輝(3年=G大阪ユース)を1トップにして、トップ下にMF福冨孝也(4年=宝塚北高)を据えることだった。

 福冨は今大会に入ってもボランチでの先発起用を続けていたが、準々決勝の流通経済大戦では前半のみで交代となるなど、不本意なプレーを続けていた。そして準決勝ではスタメン落ち。自身の集大成を飾る大会で気合が空回りしていた。

 ただ転機となった出来事もあった。流経大戦の翌日にサブチームが行った早稲田大との練習試合に前日の一戦に先発出場していた福冨も出場。そこで「開き直ること」の大切さに気づかされた。「その試合に出たときに開き直って、切り替えてやれた。最後なので開き直ってやれたことが良かった」。

 そして迎えた大一番。成山一郎監督はトップ下に福冨を指名した。「MF松下佳貴(4年=松山工高)をつぶせってことやなと」。相手キーマンつぶしに燃えた背番号14は、2アシストと最高の結果を残す。「高校の時もそうでしたし、2年生までIリーグだったので、そのときはトップ下で出ていました。自分の中ではボランチも出来るトップ下という認識です」と胸を張った。

 キャリア最後の一戦だと分かっていた。巡ってきたチャンス。「これでサッカーは辞めます。中途半端にやりたくない。悔いはないです」。これからはプロの舞台へと羽ばたく同級生の活躍を楽しみにしている。特に呉屋は小学校の地区トレセンからともにプレーした仲。「ガンバ戦のチケットをくれと言っている。新スタジアム行ってみたいし」。ホッとした笑顔の奥に、充実感が溢れていた。

(取材・文 児玉幸洋)
●第64回全日本大学選手権特集

TOP