beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「S・ラモスのPKは蹴り直すべきだった」 コリーナUEFA審判部長が見解示す

このエントリーをはてなブックマークに追加

蹴る前にラインの前に出たスバシッチがストップ

 ユーロ2016のクロアチア戦でスペインDFセルヒオ・ラモスがPKを失敗した場面では、蹴り直しが行われるべきだった。UEFAのピエルルイジ・コリーナ審判部長がそう見解を示した。

 21日に行われたグループD最終節の試合で、スペインはスコアが1-1だった70分にPKを獲得。だがS・ラモスのシュートをクロアチアGKダニエル・スバシッチがストップすると、その後決勝点を奪ったクロアチアが2-1で勝利を収める結果となった。

 スバシッチは、レアル・マドリーでS・ラモスのチームメートであるMFルカ・モドリッチからアドバイスを受けることでシュートの方向を的中させることができたという。だが、スバシッチはS・ラモスがボールを蹴る前にゴールラインを離れて前に動いているように見えた。

 本来のルールどおりであれば、これは認められないことだ。コリーナ氏が次のように見解を述べたとして『AP通信』が伝えている。

「残念ながら、GKが前に動いていたことに審判団が気づかなかった。(全体的に)良いジャッジの行われた試合だったが、その中でひとつのミスだった」

「もちろん、審判たちはPKが正確に行われるよう注意しなければならない。蹴り直しが行われるべきであり、ルールに定められたように、GKには警告が出されることになる」

 大会は決勝トーナメントに突入し、PK戦で勝負が決する可能性もある。コリーナ氏は審判団や選手たちに向けて、正しくルールに基づいたPKを行うよう注意を喚起している。

●EURO2016特設ページ
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP