beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

クロップを守れ!? バイエルンがかつての“ライバル”指揮官に興味か

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレミアで好調を維持するリバプールを率いるユルゲン・クロップ監督

 バイエルンカルロ・アンチェロッティ監督の後釜として、第1候補にリバプールユルゲン・クロップ監督の名前を挙げているようだと英紙『ミラー』が報じた。

 ジョゼップ・グアルディオラ前監督からチームを引き継いだアンチェロッティ監督だったが、リーグ戦では昇格組のライプツィヒの後れを取り、勝ち点差3の2位に甘んじている。さらにチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節では格下のロストフに2-3で敗れ、首位通過を逃してしまった。

『ミラー』によると、クラブはアンチェロッティの手腕を不十分だと考えており、ファン・サポーターもアンチェロッティの戦術に不満を示しているようで、リーグ戦で順位を下げるようなことがあれば解任も避けられないと伝えている。

 そこでバイエルンが興味を示しているのが、かつてドルトムントを率いてブンデスの覇権を争ったクロップ監督だ。しかし、今季プレミア2位と好調なチームを率いる指揮官をリバプール陣営も高く評価しており、今夏には契約を延長。その年数は22年までの6年契約と言われている。


●ブンデスリーガ2016-17特集
●プレミアリーグ2016-17特集

TOP