beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

名古屋に長崎FW永井が完全移籍、広島MF宮原が期限付き移籍で加入

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋グランパスに加入するFW永井龍(左)とMF宮原和也

 名古屋グランパスは26日、V・ファーレン長崎FW永井龍の完全移籍加入、サンフレッチェ広島MF宮原和也の期限付き移籍加入を発表した。

 クラブを通じて永井は「Jリーグ開幕時のオリジナル10の一つである『名古屋グランパス』という名門クラブでプレー出来ることを本当に嬉しく思います。また、その名古屋が再びJ1に復帰するために僕はこのクラブに来ました」とコメント。

 宮原も同様にクラブを通じて、「今回の移籍は正直、自分自身の中でとても難しい判断でしたが、考えに考えた上で今後、 自分がプレイヤーとして更にレベルアップできると信じて決断しました。日々努力することで、名古屋グランパスがJ1に復帰するための力となれるように 全力で頑張ります」とコメントしている。

 なお、宮原の期限付き移籍期間は18年1月31日と併せて発表されている。

プロフィールは以下のとおり

●FW永井龍
(ながい・りょう)
■生年月日
1991年5月23日(25歳)
■出身地
兵庫県
■身長/体重
180cm/73kg
■経歴
C大阪U-18―C大阪―パースグローリーFC(オーストラリア)-C大阪-大分-C大阪-長崎

●MF宮原和也
(みやはら・かずや)
■生年月日
1996年3月22日(20歳)
■出身地
広島県
■身長/体重
172cm/67kg
■経歴
広島ユース―広島

●2017年Jリーグ移籍情報

TOP