beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

15年インカレ得点王、阪南大FW前田央樹はJ3琉球へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 FC琉球は6日、阪南大のFW前田央樹ら5人の入団内定を発表した。前田の他には阪南大DF新井幹人、韓国・建国大からMF崔炳吉、関東社会人リーグ1部のVONDS市原でプレーしていたMF姜周光、柳ヶ浦高のDFキム・ビョンボムが加わる。

 前田は福岡の下部組織出身。準優勝だった15年の全国大学選手権では得点王を獲得する活躍を見せた。大学最終学年は故障に苦しんだが、卒業後のJリーグ入りを決めた。

 クラブを通じ前田は「子どもの頃からの夢であったJリーガーになれたことを嬉しく思います。ここまでこれたのもたくさんの人の支えがあったからなので、感謝の気持ち、ひたむきさを忘れず、少しでも早くFC琉球のサポーターの皆様に認めてもらえるよう努力していきます」とコメントした。


●2017年Jリーグ移籍情報

TOP