beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ビデオ判定で結果が変わる…フランスのゴールは取り消し、スペインのオフサイドはゴールに

このエントリーをはてなブックマークに追加

オフサイド判定が一転、ビデオ判定でスペイン代表FWジェラール・デウロフェウの初ゴールが認められた

[3.28 国際親善試合 フランス0-2スペイン]

 フランス代表対スペイン代表の国際親善試合が28日に行われた。試験導入されたビデオ判定が結果を分けることになっている。

 将来的にはこういうことも多く起こる出来事なのかもしれない。ただ現時点では珍事と言わざるを得ない。

 スコアレスで折り返した後半3分、フランスはゴール前に上げられたクロスをDFライビン・クルザワが落とすと、FWアントワーヌ・グリエーズマンが押し込み、先制点を挙げる。スタッド・ド・フランスは大歓声に包まれた。

 しかしここでスペイン代表イレブンはクルザワがオフサイドポジションにいたと抗議。主審は無線でビデオ判定を要求し、判定がオフサイドに切り替えられた。

 試合は後半23分にFWジェラール・デウロフェウがエリア内で倒されてPKを獲得。これをMFダビド・シルバが決めてスペインが先制に成功。

 そして後半32分、またも問題の場面がやってくる。スペインはDFジョルディ・アルバが左サイドからグラウンダーのクロスをDFの裏に通すと、ファーサイドに詰めたデウロフェウが右足で押し込み、追加点を決める。

 しかし副審の判定はオフサイド。ただちに主審は無線でビデオ判定を求めると、デウロフェウのポジションはオフサイドでないことが確認され、オフサイドがゴール判定に覆った。

 “人間判定”では1-1の引き分けだった試合が、ビデオ判定が導入されたことで2-0という結果になった。賛否はあるかもしれないが、判定で負けたといった声の減少には繋がりそうだ。

TOP