beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

堂安らのJリーグ選手登録が抹消、広島森保監督の抹消も正式承認

このエントリーをはてなブックマークに追加

フローニンゲンに期限付き移籍したMF堂安律のJリーグ選手登録が抹消された

 Jリーグは7日、登録の追加および抹消を発表した。追加選手ではガンバ大阪がDF河井哲太を2種登録。J3では育成型期限付き移籍(移籍ウインドー関係なく登録可能)となる福島ユナイテッドFCのGK伊藤剛(←湘南)、栃木SCのFW藤沼拓夢(←大宮)、SC相模原のFW岩田拓也(←群馬)の登録が完了している。

 移籍が発表になっている選手の登録も抹消された。G大阪からオランダ1部のフローニンゲンに期限付き移籍したMF堂安律や、サンフレッチェ広島からUAEのアルアインに移ったDF塩谷司、G大阪から広島に移るFWパトリックとDF丹羽大輝大宮アルディージャから湘南ベルマーレに移籍するFWドラガン・ムルジャの登録が抹消。なおJリーグの新チームへの登録は7月21日以降となっている。

 またサンフレッチェ広島の指揮官を退任することが決まった森保一監督の登録も抹消。横内昭展ヘッドコーチが監督に登録変更となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ

TOP