beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「韓国の尊厳を傷つけた」旭日旗問題で処分の川崎F…AFCが上訴を棄却

このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎フロンターレの上訴が棄却された

 アジアサッカー連盟(AFC)は20日、川崎フロンターレがサポーターの旭日旗提出で受けた処分に対する上訴を退けたことを発表した。

 AFCは4月25日に韓国で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の水原三星(韓国)戦で川崎Fサポーターが旭日旗を掲げたことを受け、川崎Fに対して1年間の執行猶予付きでAFC主催大会のホームゲーム1試合の無観客試合と、罰金1万5000ドル(約170万円)を命じていた。

 川崎F側はこれを不服として上訴していたが、AFCは改めて「旭日旗の掲出は差別的」と判断。「韓国の人々の尊厳を傷つける行為だった」と指摘し、川崎Fの訴えは棄却された。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2017特設ページ



TOP