beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ファルファンと内田のサイドはヤバかった」…過去の対戦を振り返るシャルケ新加入左SB

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF内田篤人とMFジェファーソン・ファルファン

 過去にシャルケの右サイドでコンビを組んだDF内田篤人とMFジェファーソン・ファルファンは、相手チームの左SBにとって脅威のタンデムだったかもしれない。今夏にフランクフルトからシャルケへと移籍したDFバスティアン・オチプカがその印象を語った。

 オチプカはこれまでのキャリアで、12試合にわたりシャルケと対戦。フランクフルトの選手としては昨シーズンに2勝を収めたものの、全試合の成績は4勝4分け4敗と均等な記録を残した。今夏にそのシャルケに加わったオプチカは、ドイツ紙『レビアシュポルト』で新クラブに馴染んでいる様子をうかがわせている。

「シャルケとは何度も対戦してきたので、知らない顔はいなかったよ」と新チームの印象を語るオチプカ。一方で過去の対戦を振り返り、自身がマッチアップを強いられたシャルケの右サイドにも言及。「ファルファンと内田のサイドだった。それはもう、かなりヤバかったね」と手を焼いたことを認めた。

 元ペルー代表FWのファルファンは2015年に中東のアルジャジーラに渡り、今年1月からはロコモティフ・モスクワに在籍。内田はシャルケに残っているが、ここ2年半にわたって長期離脱を強いられており、ほとんど試合に出場していない。だがオチプカにとって、ファルファン&内田の息の合った連携プレーは今も鮮明に思い出せるもののようだ。


●ブンデスリーガ2017-18特集
●海外組ガイド
世界のサッカー情報はgoal.com



TOP