beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ドイツ2部からの再出発…内田篤人のウニオン・ベルリン移籍が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウニオン・ベルリンへの移籍が決まったDF内田篤人

 シャルケは21日、DF内田篤人がドイツ2部のウニオン・ベルリンに完全移籍すると発表した。ウニオン・ベルリンの公式サイトによると、契約は2018年6月末までの1年間。背番号は「2」に決まった。

 内田はクラブを通じて「この移籍が決まってうれしい。昨季からウニオン・ベルリンの成長を見ていたし、もちろんイェンス・ケラー(監督)のことはよく知っている。クラブの目標は明らかで、そのチャレンジに参加できること、そしてもう一度サッカーができることを本当に楽しみにしている」とコメントした。

 10年夏から7シーズンをシャルケで過ごした内田はブンデスリーガで通算104試合に出場したが、15年6月に右膝を手術した影響でここ2シーズンはリーグ戦出場の機会がなかった。昨年12月8日のELザルツブルク戦に途中出場し、約1年9か月ぶりの公式戦復帰を果たすも、その後は出場機会がなく、ドミニコ・テデスコ新監督が就任した今季も19日に行われたライプツィヒとの開幕戦はベンチ外となっていた。

 ウニオン・ベルリンのケラー監督は12年12月から14年10月までシャルケを指揮しており、内田とは師弟関係だった。今季のブンデスリーガ2部では開幕から3試合を終えて2勝1分の5位。右膝の大ケガから完全復活を期す29歳の右サイドバックが、ドイツ2部からリスタートを切る。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2017-18特集



TOP