beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]A groupアシスト王:静岡学園FW松村優太「自分を磨いて得点も、アシストもしっかりとやっていけたら」

このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡学園高FW松村優太

 関東・静岡の強豪18校の1年生たちが真剣勝負の場で成長を目指した「2017 Rookie League」は3日、閉会式で個人賞を発表した。

 A Groupのアシスト王は静岡学園高(静岡)の得点力備えた強力ドリブラー、FW松村優太が8アシストで獲得した。

●静岡学園高FW松村優太(1年)
―Rookie Leagueを振り返って
「このリーグ戦を通してチームが2連敗とかしてしまった時があったんですけど、しっかりと自分たちの特長である繋ぐサッカーを続けられていて、その中でたくさん点を取れて、2位という結果でプレーオフ進出の権利を獲得できたのは良かったことですし、全国に行きたいので次(プレーオフ)も頑張っていきたいです」

―アシスト王という結果の要因は?
「自分は得点を一番狙うところだったんですけど、それは自分一人じゃ無理なところも出てくる。でも、味方が心強い人たちばかりなので、あとはそれを信じて、パスを送るというだけだったので、チーム力のおかげだったと思っています」

―ゴールも含めて多くの勝利に貢献することができたが?
「チームの勝利に貢献できていることは自分としても嬉しいことですし、勝利に繋がっているということに関しても嬉しいです」

―今後の目標を教えてください
「個人的には全国ルーキーもそうなんですけど、狙うのはやはり一番上のカテゴリーでどれだけチームにかかわっていけるか。もちろん出れたら一番いいんですけど、ここから選手権とか始まってくるので、それにかかわっていけたり、一歩でも近づいていけるようにこれからしっかり自分を磨いて、得点も、アシストもしっかりとやっていけたらなと思っています」

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2017 Rookie League特集ページ



TOP