beacon
TOP > PICK UP記事詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017 Rookie League特集ページ

■2017 Rookie Leagueニュース


■関連PHOTONEWS


■最新順位表:
[A group](最終順位)
1.日大藤沢高(22)+12
2.静岡学園高(21)+16
3.矢板中央高(16)0
4.前橋育英高(14)-3
5.市立船橋高(13)+1
6.流通経済大柏高(13)0
7.帝京三高(12)-1
8.帝京高(9)-2
9.西武台高(9)-6
10.桐光学園高(3)-17

[B group](最終順位)
1.鹿島学園高(16)+11
2.水戸商高(16)+4
3.清水桜が丘高(13)+28
4.佐野日大高(12)-1
5.武南高(10)+3
6.韮崎高(9)+1
7.前橋商高(6)-14
8.暁星高(0)-32
■日程・結果:
[A group]
第1節(4月29日)
第2節(4月30日)
第3節(4月23日、5月4、7、14日)
第4節(5月6、13、21日、6月4、25日)
第5節(5月28日、7月2、9、22日)
第6節(7月9、16、17、23日)
第7節(7月15日、8月19、23、27日)
第8節(8月6、20、24日)
第9節(9月2日)

[B group]
第1節(4月29日)
第2節(4月30日)
第3節(5月5、14、21日)
第4節(6月4、25日、7月24日)
第5節(7月16、17、31、8月11日)
第6節(8月4、8、19、28日)
第7節(9月2日)
■チーム情報:※戦績は17年度4月時点
[A group]
前橋育英高(群馬)
16年Rookie League Aグループ優勝
プリンスリーグ関東所属
全国高校選手権出場20回、準優勝2回、4強4回
全国高校総体出場13回、優勝1回、4強2回


流通経済大柏高(千葉)
16年Rookie League Aグループ2位
プリンスリーグ関東所属
全国高校選手権出場4回、優勝1回、4強2回
全国高校総体出場13回、優勝1回、準優勝2回、4強2回
全日本ユース選手権優勝1回
プレミアリーグチャンピオンシップ優勝1回、EAST優勝1回、3位1回


矢板中央高(栃木)
16年Rookie League Aグループ3位
栃木県1部リーグ所属
全国高校選手権出場7回、4強1回
全国高校総体出場7回


市立船橋高(千葉)
16年Rookie League Aグループ4位
プレミアリーグEAST所属
全国高校選手権出場21回、優勝5回、準優勝2回、4強2回
全国高校総体出場26回、優勝9回、準優勝3回、4強4回
全日本ユース選手権優勝1回、4強1回
プレミアリーグEAST3位1回


静岡学園高(静岡)
16年Rookie League Aグループ5位
プリンスリーグ東海所属
全国高校選手権出場11回、優勝1回、準優勝1回、4強1回
全国高校総体出場5回、準優勝1回
全日本ユース選手権準優勝1回、4強1回


日大藤沢高(神奈川)
16年Rookie League Aグループ6位
神奈川県1部リーグ所属
全国高校選手権出場4回、4強1回
全国高校総体出場出場7回


桐光学園高(神奈川)
16年Rookie League Aグループ7位
プリンスリーグ関東所属
全国高校選手権出場10回、準優勝1回、4強1回
全国高校総体出場12回、4強2回


西武台高(埼玉)
16年Rookie League Aグループ8位
埼玉県1部リーグ所属
全国高校選手権出場3回
全国高校総体出場10回、準優勝1回、4強1回


帝京高(東京)
16年Rookie League Bグループ優勝
東京都1部リーグ所属
全国高校選手権出場34回、優勝6回、準優勝3回、4強4回
全国高校総体出場31回、優勝3回、準優勝4回、4強4回
全日本ユース選手権4強2回


帝京三高(山梨)
16年Rookie League Bグループ2位
山梨県1部リーグ所属
全国高校選手権出場10回
全国高校総体出場9回


[B group]
武南高(埼玉)
16年Rookie League Aグループ9位
埼玉県1部リーグ所属
全国高校選手権出場14回、優勝1回、準優勝1回、4強3回
全国高校総体出場20回、準優勝1回、4強2回
全日本ユース選手権4強2回


鹿島学園高(茨城)
16年Rookie League Aグループ10位
プリンスリーグ関東所属
全国高校選手権出場8回、4強1回
全国高校総体出場6回


清水桜が丘高(静岡)
16年Rookie League Bグループ3位
プリンスリーグ東海所属
全国高校総体出場1回
旧清水商高時代に全国高校選手権優勝3回、全国高校総体優勝4回、全日本ユース選手権優勝5回


水戸商高(茨城)
16年Rookie League Bグループ4位
茨城県1部リーグ所属
全国高校選手権出場8回、4強1回
全国高校総体出場22回、優勝1回、4強4回


佐野日大高(栃木)
16年Rookie League Bグループ5位
栃木県1部リーグ所属
全国高校選手権出場8回、4強1回
全国高校総体出場9回


韮崎高(山梨)
16年Rookie League Bグループ6位
山梨県1部リーグ所属
全国高校選手権出場34回、準優勝5回、4強4回
全国高校総体出場29回、優勝1回、4強3回


前橋商高(群馬)
16年Rookie League Bグループ7位
群馬県1部リーグ所属
全国高校選手権出場11回、4強2回
全国高校総体出場17回
全日本ユース選手権準優勝1回


暁星高(東京)
16年Rookie League Bグループ8位
東京都2部リーグ所属
全国高校選手権出場10回、4強2回
全国高校総体出場11回、4強1回

■大会要項(抜粋):
■主催
U-16 Rookie League 関東 大会事務局
■特別協賛
ミズノ株式会社
■協力
ゲキサカ・時之栖スポーツセンター・毎日コムネット
■参加資格
1.所属高校の1年生であること。(中高一貫校の中学生の出場は認める)
2.全試合が日程通り消化できること。
3.事故、怪我等についてチームで責任を持てること。
■試合方法
1.試合時間は90分(インターバル15分)とし、延長戦は行わない。
2.交代人数は試合開始前に提出された交代要員(無制限)のうち、8名を限度として交代することができる。
3.大会球は、モルテン(ヴァンタッジオ5000)を使用する。
4.悪天候(特に雷)やその他の理由で試合を実施することが困難な場合、最優先事項は安全の確保である。試合の「中断・中止・再開・再試合」については、当該チームの話し合いによって決めること。
■警告・退場
本リーグでは原則累積警告は行わない。但し、同一試合中に2回警告を受けた選手、もしくは退場を命ぜられた選手は即座に退場となる。
■順位決定
試合の勝者は3点、引き分けは1点、敗者は0点の勝ち点が与えられ、
勝ち点の多い順に、順位を決定する。但し、最終合計点が同一の場合には、
以下の順序により決定する。
1.得失点差、2.総得点の多少、3.該当チームの対戦成績、4.抽選
■表彰
各リーグの優勝チーム、各リーグのMVP、各チームの優秀選手、得点王、
アシスト王、ベストディフェンス賞の表彰を後期集中開催の閉会式で行う。     
■プレーオフについて (全国大会出場チームの決定方法)
2017年度の結果でAグループの1位は、自動的に関東第一代表として全国大会の出場権を獲得する。関東第二代表については、Aグループの3位対Bグループの1位で試合を行い、その勝者とAグループの2位のチームが対戦する。その試合の勝者が第二代表として全国大会の出場権を獲得する。
■次年度に向けて (入れ替えについて)
2017年度のAグループ9位・10位とBグループ1位・2位は自動入れ替え。Aグループ8位とBグループ3位が入替戦を行い、勝者がAグループへ。

▼関連リンク
2016 Rookie League特集ページ
2015 Rookie League特集ページ
2014 Rookie League特集ページ


TOP