beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ロッベンが仲間に喝!? 「もっと情熱を持ってプレーしようぜ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンFWアリエン・ロッベン

 12日に行われた欧州CLグループリーグ第1節でアンデルレヒト(ベルギー)と対戦したバイエルン(ドイツ)は3-0の完封勝利を収め、白星スタートを切った。

 試合は前半11分にFWロベルト・レワンドフスキをPA内で倒したMFスベン・クムスが一発退場となり、バイエルンが数的優位に立った。このプレーで得たPKをレワンドフスキ自身が沈めて先制に成功すると、同20分にMFディアゴ・アルカンタラ、後半45分にDFヨシュア・キミッヒが追加点。アンデルレヒトの反撃を許さずに3-0で勝利した。

 しかし、10人の相手に対して低調なパフォーマンスに終わったとして、FWアリエン・ロッベンが苦言を呈している。英『フォー・フォー・ツー』が伝えた。

「相手にレッドカードが出た後、僕らはあらゆる点で気が緩んでしまったし、テンポもリズムもあったものではなかった。ピッチ上できちんと話し合わないといけないし、もっと情熱を持ってプレーすべきだ。そうでなければゴールは奪えない」

 ブンデスリーガで連勝スタートを切ったバイエルンだが、第3節ホッフェンハイム戦で0-2の完封負けを喫している。

●欧州CL17-18特集
●ブンデスリーガ2017-18特集



TOP