beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユーベ指揮官もお手上げ…“条件付き”も「メッシは誰にも止められないよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2得点を奪ったバルセロナFWリオネル・メッシ

 12日に行われた欧州CLグループリーグ第1節でバルセロナ(スペイン)と対戦したユベントス(イタリア)は0-3の完敗を喫した。この試合の全得点に絡んだFWリオネル・メッシのプレーに、ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリが脱帽した。

 スコアレスで試合が進む中、スコアを動かしたのはメッシだった。前半45分、FWルイス・スアレスとのワンツーから左足を振り抜いて先制点を奪取。さらに後半7分にはミドルレンジからの強烈な左足シュートでゴールを脅かしたが、これはポストに阻まれた。

 しかし、後半11分に右サイドから送ったクロスでMFイバン・ラキティッチの追加点を演出し、同24分には自らドリブルで運んでシュートコースを生み出して左足シュートでネットを揺らした。

 スペイン『マルカ』によると、アッレグリは「メッシが違いを生み出していた」と脱帽。「彼は3本の枠内シュートを放ち、その内の2本を得点に結び付けて、残りの1本もポストだった。スペースがあるときのメッシは誰にも止められないよ」と“条件付き”ながらも、バルセロナのエースを止めることは容易ではないと話した。

●欧州CL17-18特集
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

TOP