beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「慎也はバックパスが多かった」…矢島の極上スルーパス引き出した“興梠の要求”

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドリブルで運ぶ浦和レッズMF矢島慎也

[9.13 ACL準々決勝第2戦 浦和4-1川崎F 埼玉]

 先輩からの要求があった。「前を向いて出してくれ」と――。浦和レッズMF矢島慎也は、言葉を掛けてくれたFW興梠慎三の動きを見逃さずに極上のスルーパスを届け、反撃の狼煙を上げる得点を演出した。

 アウェーの第1戦を1-3で落とした上に、第2戦の前半19分には先制点を献上。厳しい状況に追い込まれた浦和だったが、同35分にチームに勢いをもたらす得点が生まれる。それは、「慎三くんから『前を向いたら待っている』と言われている」と先輩から声を掛けられた矢島と、「慎也はバックパスが多かったので、『なるべく前に出してくれ』」と後輩に声を掛けた興梠のラインから生まれた。

 中盤の低い位置まで下がってボールを引き出した矢島が、前を向いてドリブルを開始。前線の興梠は、矢島の動きを見ながら相手DFの間に入って最終ライン裏に飛び出すタイミングを計る。「感覚であそこに出した」と矢島が送った鋭いスルーパスに、「伝えた直後に前を向いて出してくれた」と誰よりも早く反応してPA内に進入した興梠が、巧みに右足で合わせてゴールを陥れた。

「先制点を取られて厳しい状況だったけど、前半で1点を返せたことは大きかったと思う」(矢島)。前半38分にDF車屋紳太郎が退場して数的優位に立ったことも追い風となったが、興梠の得点がチームに勢いをもたらしたことも間違いなく、後半に3点を加点したチームは2試合合計5-4と大逆転勝利を収めてベスト4進出を決めた。

 矢島は興梠とのラインに手応えを感じつつも、「(興梠は)動き出しがうまい。今日も見逃したシーンがあるので、もっと出していければいいと思う」と先輩との連係をさらに高めて、自身の成長につなげていこうとしている。

(取材・文 折戸岳彦)

●ACL2017特設ページ



TOP