beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグWEST]首位の神戸U-18、2位の広島ユースが接戦を制す:第15節1日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高校年代最高峰リーグ『高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグWEST』は7日、第15節1日目を行った。

 暫定首位に立つヴィッセル神戸U-18(兵庫)は大津高(熊本)と対戦。2-2の後半37分にFW泉柊椰が決勝点を決め、3-2で競り勝った。また、勝ち点1差で2位のサンフレッチェ広島ユース(広島)は米子北高(鳥取)から開始6分で2点を奪い、2-1で逃げ切った。

 なお、残りの3試合は7日、8日に行われる。

 以下、第15節日程と結果

【第15節】
(10月7日)
[どらドラパーク米子陸上競技場]
米子北高 1-2 サンフレッチェ広島ユース
[米]葉間田累(21分)
[広]仙波大志(3分)、満田誠(6分)

[いぶきの森球技場]
ヴィッセル神戸U-18 3-2 大津高
[神]秋山駿2(43分、57分)、泉柊椰(82分)
[大]渡口光彦(59分)、大崎舜(66分)

(10月8日)
[ヤンマースタジアム長居]
セレッソ大阪U-18 16:00 神戸弘陵高

(10月9日)
[福岡フットボールセンター]
アビスパ福岡U-18 11:00 阪南大高

[東福岡高校]
東福岡高 11:00 ガンバ大阪ユース

●2017プレミアリーグEAST
●2017プレミアリーグWEST

TOP