beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

1G1Aの久保建英「正直、こんな大差で勝つとは」6発大勝も気を緩めず

このエントリーをはてなブックマークに追加

4点に絡む活躍を見せたFW久保建英(FC東京U-18)

[10.8 U-17W杯インド2017 日本6-1ホンジュラス]

 ファイナリストを目指すU-17日本代表の初戦は圧巻の6発大勝。ツートップの一角で先発したFW久保建英(FC東京U-18)は1ゴール1アシスト、4点に絡む活躍。得点以外にも寄せてくる相手DFを翻弄する持ち前のドリブル突破で観衆を沸かせ、フル出場で勝利に貢献した。

 日本がボールを保持しながらもリズムをつかみきれなかった前半22分、その左足からゴールを生み出した。狙い澄ました右CKを蹴り込むと、相手のゾーンディフェンスの間にうまく入ったFW中村敬斗(三菱養和SCユース)の頭にぴたりと合わせ、先制ゴールをお膳立てした。

「前半は仕掛けづらかったので、『セットプレーから試合を決めるぞ』と思っていつも通り巻いて蹴った。(合わせたのは)中村選手だと思っていなかったんですけど、打点が高いヘディングでした。すごかったです」

 前半30分にも久保は右からふわりとしたパスを入れ、中村の連続ゴールを演出。迎えた前半45分には自らの鮮烈ゴールでインディラ・ガンディー陸上競技場に集まった13285人の観衆を沸かせた。中村がワンタッチで前方に送ったパスでDFラインの裏を取った久保がワントラップから迷わず左足を振り抜き、「あのコースは比較的得意だと思う」と角度のない位置から強烈なシュートをゴール上部にぶち抜いた。

 終わってみれば6-1の大勝となったが、「正直、こんな大差で勝つとは思っていなかったので一安心した部分もあるけど、今日は今日、次は次」と久保は気を緩めない。日本は中2日でフランス代表と対戦。ニューカレドニアに7-1で勝利したフランスは得失点差で「1」日本を上回り、現在E組首位。グループ最大の難敵となる。「過信はせずに自信を持って、しっかり自分たちの力を出していきたい」。一喜一憂することなく、すでに次戦に視線を切り替えた。

(取材・文 佐藤亜希子)

●U-17W杯インド2017特集ページ

TOP