beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]情報科学先制もルーテル学院が5発逆転勝ち

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルーテル学院高のFW梅木奎周(左)は2得点の活躍

[10.8 球蹴男児U-16リーグ第17節 ルーテル学院高 5-1 情報科学高 垂水市多目的広場]
 
 九州の強豪18校が優勝を争った「2017 球蹴男児U-16リーグ」は8日、最終節を行い、ルーテル学院高(熊本)が情報科学高(大分)に5-1で逆転勝ち。ルーテル学院は14位、情報科学は18位で大会を終えた。

 試合は前半10分に情報科学FW下田剛士が先制ゴールを決める。縦に速く、サイドで連動した崩しも見せる情報科学にピンチを作られるシーンも多かったルーテル学院だが、MF水元海朕が「(情報科学は)縦に速いチームで徹底してきたので、自分たちも裏への対応はチャレンジ&カバーは徹底しようと話していました」というように守備の部分でしっかりと対応。そして、相手の背後を狙った攻撃やサイド攻撃から5ゴールを奪い取った。

 FW梅木奎周とMF本田大悟のゴールによって逆転したルーテル学院は前半アディショナルタイムにもMF堀田豊裕が決めて3-1で折り返す。そしてスペースへの配球光る水元を中心に梅木らが抜け出しからフィニッシュへ持ち込むルーテル学院は後半も10分にFW稲田光翔が決めて3点差とした。

 情報科学は右サイドのMF橋本豪が縦へ仕掛けてクロスまで持ち込んでいたほか、サイド攻撃やカウンターなどからMF高柳星那やMF松山奨吾、橋本がシュートを連発していた。だが、ルーテル学院GK岩川壱星のファインセーブに阻まれたほか、シュート精度を欠いてしまうなど2点目を奪うことができない。

 逆にルーテル学院は後半終了間際にも梅木が決めて5-1。快勝したルーテル学院の水元は「自分たちは勝つことは5勝しかできなかったんですけれど、1年生リーグとしては自分たちが成長できる環境でやらせてもらって、成長の糧になったと思います」。このリーグ戦の経験をこの先、さらなる成長に繋げる。
 
(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2017 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP