beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

HSV伊藤達哉、テストマッチでトップチーム初ゴール!!クラブも「旋風」「止められない」と絶賛

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW伊藤達哉がテストマッチでトップチーム初得点をマーク

 ハンブルガーSVのFW伊藤達哉はトップチーム初ゴールをマークした。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』などが9日に行われた非公開試合の模様を伝えている。

 ブンデスリーガの前節ではシュツットガルトに勝ち、9試合ぶりの白星を記録したハンブルガーSVは、インターナショナルブレイクを利用して9日に5部クルスラック・ノイエンガンメと練習試合を開催。この一戦で伊藤は右サイドでフル出場を果たし、ハンブルガーSVトップチームの選手としてのゴールデビューを飾った。

 サブ組の選手を主体として臨んだハンブルガーSVは、6-0で大勝。そんななか、伊藤は前半8分にゴールから17メートル離れた位置から「美しい軌道を描いたシュートでネットを揺らした」(『モルゲンポスト』)と伝えられている。またクラブの公式ウェブサイトは、伊藤を「旋風」と形容し、プレーに関しても「ドリブルに入れば、止められることはなかった」と絶賛した。

 ハンブルガーSVの2軍に所属する伊藤は、第6節レバークーゼン戦で初めてトップチームの試合に出場すると、以降の公式戦全試合で起用され続けている。その突破能力はハンブルガーSVのサポーターを魅了し、クラブ幹部もプロ契約を用意しているなか、体力的な課題も徐々に改善されているようだ。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP