beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ポイントは守備」と原口、ベルギー戦がW杯の成否左右する分水嶺に

このエントリーをはてなブックマークに追加

ランニングするFW原口元気

 10日のブラジル戦(1-3)に続いて左サイドで先発が濃厚な日本代表FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)は14日の国際親善試合・ベルギー戦(ブルージュ)を翌日に控え、「ポイントは守備」と簡潔に言い切った。

 ブラジル戦では高い位置からプレッシャーをかけたくても相手の高い技術にかわされ、連動したプレッシングができなかった。前から行くのか、引いてブロックを敷くのか。選手間の意思統一も取れず、前半はなすすべなく、一方的な展開で3失点し、ゲームの大勢が決してしまった。

「今までの相手にはそこまで(プレスを)はがされることもなかったけど、ブラジル戦ではそこをはがされた。そこは本当に緻密にやらないと難しい」。前日12日の紅白戦では控え組がベルギーを想定した3-6-1のシステムを組み、プレスのかけ方を確認した。「いつも以上にどう守るかというのはやってきたつもり。かなり長い時間、ディスカッションもした」。ピッチ内外でチーム内の意思統一を図ってきた。

 ハリルホジッチ監督は「いつハイプレスをかけるのか、いつ下がってブロックをつくるのか。それはゲームの状況が決める」と、ピッチ上の選手が試合の流れを読む必要性を説いた。原口も「試合中、コミュニケーションを取りながらやりたい。そこがポイントになる」と同意する。

「それこそ臨機応変に、話し合って解決しないといけない。ブラジル戦はハーフタイムまで解決策を見つけられなかった。それが前半のうちに解決できれば、僕らはもう一歩上に行ける」。守備がハマらなければ、日本が目指す縦に速い攻撃にもつながらない。ブラジル戦の教訓を生かし、世界トップレベルの相手に対抗する守備の手応えをつかめるか。ロシアでの成否を分ける一つの分水嶺にもなりそうだ。

(取材・文 西山紘平)

●2018W杯ロシア大会特集ページ

TOP