beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンチェスター・Uは大人版ディズニーランド?クロップがオファーを断った経緯を告白

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンチェスター・ユナイテッドのオファーを断っていたリバプールのユルゲン・クロップ監督

 伝記『ブリング・ザ・ノイズ(著:ラファエル・ホニグステイン)』の中でユルゲン・クロップ監督は、2014年にマンチェスター・ユナイテッドからオファーがあったことを語っている。

 2013-14シーズンからアレックス・ファーガソン氏に代わりデイビッド・モイーズ氏が指揮したマンチェスター・Uだったが、不振に陥っていたため、2014年に当時ドルトムントを率いるクロップ指揮官の招聘に動いていた。実際にモイーズ氏解任の数週間前、クラブ幹部のエド・ウッドワード氏はドイツに赴き、同指揮官と会談したことが明らかにされた。

『ブリング・ザ・ノイズ』によると「マンチェスター・Uのエド・ウッドワードがクロップに会いにドイツに行った。デイビッド・モイーズの短期政権は終わりを迎えようとしていて、クロップがユナイテッドの本命だった」

「その時、ウッドワードはシアター・オブ・ドリームス(オールド・トラッフォードの愛称)を“大人版のディズニーランド”とクロップに伝えた。しかし、クロップはその誘い文句に何も感じなかったようで、後日友人に“魅力的ではない”と話し、オファーを断った」と就任が実現しなかった経緯について明かされた。

 そして、2014-15シーズンを以ってドルトムントから退任したクロップ監督は、その後マンチェスター・ユナイテッドではなくライバルクラブのリバプールの指揮官に就任している。
●プレミアリーグ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP