beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ヘルタ原口元気、11試合ぶりの先発へ…カルー負傷でチャンス訪れる

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW原口元気にチャンス到来

 ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気が、ヨーロッパリーグ(EL)のエステルスンド戦で先発出場することになりそうだ。ドイツ誌『キッカー』が報じた。

 原口は公式戦ここ5試合で出場なし。また、最後に先発したのは10月14日のシャルケ戦で、前半終了間際に退場処分を受けている。パル・ダルダイ監督に「ゲンキは過剰なモチベーションで、難しくなっている」と言われ、実戦から遠ざかっていた原口だが、久々にキックオフからチャンスを与えられそうだという。

 同誌によれば、ヘルタFWサロモン・カルーが練習中に内転筋を痛め、7日に行われるエステルスンド戦の出場が難しくなったようだ。そのため、原口が代役として左サイドで先発する可能性が濃厚に。なお、カルーは週末のアウクスブルク戦には間に合う程度の軽傷だと伝えられている。

 原口の名前が先発メンバーのシートに書き込まれれば、シャルケ戦以来11試合ぶり。このチャンスを活かすことはできるだろうか。

●海外組ガイド
●EL17-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP