beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FC東京U-18が「“別格”の大会」チャンピオンシップ初制覇! 大逆転で神戸U-18を下す

このエントリーをはてなブックマークに追加

高円宮杯チャンピオンシップ初優勝を果たしたFC東京U-18

[12.17 高円宮杯チャンピオンシップ FC東京U-18 3-2(延長) 神戸U-18 埼玉]

 高校年代の年間王者を決める高円宮杯チャンピオンシップが17日、埼玉スタジアム2002で行われた。延長戦までもつれ込んだ一戦は、プレミアリーグEAST覇者のFC東京U-18が同WEST覇者のヴィッセル神戸U-18を3-2で破り、初優勝を果たした。

 立ち上がりから主導権を握ったのは神戸だった。「みんな想いが強すぎて、身体が全然動いていなかった」と振り返ったのはFC東京の佐藤一樹監督。そんな東日本王者に対して、激しいプレッシングでボールホルダーに圧力をかけると、リスクを避けて放り込んだボールのこぼれ球を拾い続け、一方的な試合展開を繰り広げた。

 すると神戸は前半16分、右サイドから投じたDF前川智敬(3年)のロングスローを起点に先制点を奪う。ニアサイドでDF右田楓(2年)がバックヘッドでつなぐと、高く跳ね上がったボールはゴール前へ。猛然と走り込んだFW泉柊椰(2年)が頭で押し込んだ。

 一方のFC東京はMF品田愛斗(3年)のセットプレーでゴールに近づくも、決定機をつくることはできない。そんな前半33分、神戸はFW佐々木大樹(3年)がロングボールに抜け出すと、DF長谷川光基(3年)に倒されてPKを獲得。これを佐々木が自ら右に流し込み、リードを2点に広げた。

 2点のビハインドを負って試合を折り返したFC東京だが、ハーフタイムのロッカーでは指揮官から“喝”が入った。「本当に良い3年間を過ごしてきた選手だから、『お前らこんなもんじゃないだろう』と。本質の部分を呼び戻すというか、そこが戦術うんぬんより大事な部分だと思いました」(佐藤監督)。

 さらに指揮官は2枚替えを敢行。「プレミアEAST優勝の立役者だったので、代える勇気は必要だった」というDF吹野竜司(3年)、MF横山塁を下げ、右足側副靭帯損傷からの復帰に向けて「メラメラしていた」という主将のDF岡庭愁人(3年)、DF草住晃之介(2年)を投入した。

 どこか吹っ切れたかのように笑みを浮かべながらピッチに入ったFC東京の選手たちは、「後半は絶対に持ってきてくれると、彼らを信じていた」という指揮官の期待に早速応えた。後半1分、左サイドから攻め込んだ品田がPA内で倒されてPKを獲得。自らキッカーとなった品田が相手GKの動きを見ながら冷静にネットを揺らし、反撃の狼煙を上げる1点が入った。

「一番痛かったのは後半開始早々のPK。与えなくても良いPKだったので、そこがちょっと悔やまれる」と話したのは、神戸の野田知監督。勢いを取り戻したFC東京を前に、前半のような優勢は保てなくなっていった。

 すると後半8分、FC東京は右サイドハーフにポジションを移したMF杉山伶央(3年)が中央を突破し、左サイドに展開。ゴールライン際までドリブルで攻め上がった草住がクロスを送ると、ファーサイドでFW吉田和拓(3年)が滑り込みながらヘディングで押し込み、試合を振り出しに戻した。

 その後は、お互いにチャンスをつくる一進一退の展開。後半はそれぞれ6本ずつのシュートを放ったが、FC東京はGK高瀬和楠(3年)のビッグセーブ、神戸はセンターバックの右田とDF小林友希(2年)が身体を寄せるなど、いずれもゴールを割らせないまま規定の90分間を終えた。

 そうして迎えた10分ハーフの延長戦。神戸は後半途中から投入されたMF池田修志(3年)のドリブルが推進力を呼び、MF船越大夢(2年)とMF原尊(2年)が決定機を迎えたが、好守に阻まれネットを揺らせず。FC東京は延長前半10分、足のつっていた品田に代えて、MF寺山翼(2年)を入れた。

 このままエンド交代かと思われた延長前半終了間際、ついに均衡が破られる。右CKを獲得したFC東京は、ピッチを後にした品田に代わって岡庭がキッカーを担当。「品田に負けじと気持ちを込めて蹴った」と柔らかいボールをゴール前に送り込むと、長谷川が豪快なヘディングで叩き込んだ。

 2失点目となるPKを与えた背番号4は、劇的な殊勲弾で一躍ヒーローに。「頭が空っぽになるくらいうれしくて、夢のような空間になりました」(長谷川)。歓喜に沸くイレブンはベンチへ真っ先に走り寄り、ピッチを退いた品田を含む仲間、コーチ陣、そして支えてくれたスタッフたちと喜びを共有した。

 ここからは猛攻に転じた神戸の圧力を、チーム全員で協力して防ぐ展開。シンプルにFW秋山駿(3年)へ当ててくるボールには苦慮したが、最終ラインの選手たちが大きなクリアで敵陣深くへ蹴り出すと、MF小林幹(3年)らがこぼれ球を拾い、前線の選手がコーナーキープで奮闘した。

 終了間際には「心情的には絶対に出したいと思っていた。みんなから本当に愛されている」(佐藤監督)というMF小林真鷹(3年)を投入し、現在プレーできる3年生全員がピッチに立った。そして鳴り響いたタイムアップの笛。前身大会では2度の準優勝に泣いていた“青赤軍団”がチャンピオンシップ初参戦で栄冠を手にした。

 試合後、記者会見に出席した佐藤監督は「リーグ戦は総合力が求められるので、全員で戦わないといけない“別格”の大会。日本一だと胸を張っている大会はこれしかないと思っていた」とこの一戦に懸けていた想いを吐露。劇的な逆転優勝を果たした選手たちには「優勝できたのは日々の積み上げがあったからこそ。この結果を得られたことは、彼らにとって素晴らしい成功体験となった」と目を細めた。

(取材・文 竹内達也)
▼関連リンク
●2017プレミアリーグEAST
●2017プレミアリーグWEST

TOP