beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

チェコの天才・ロシツキーが現役引退を表明「慎重に考えた結果だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

トマシュ・ロシツキーが現役引退

 元チェコ代表MFトマシュ・ロシツキー(37)が現役を引退を表明した。所属クラブのスパルタ・プラハが発表した。

 母国リーグのスパルタ・プラハでプロデビューを果たしたロシツキーは、2001年冬にドルトムントに移籍。2001-02シーズンにブンデスリーガ優勝を経験した。2006年夏にはアーセナルに移籍。2度のFA杯優勝を経験したが、度重なる怪我に悩まされ、満足いくシーズンを過ごすことができない時もあった。その後、昨夏スパルタ・プラハに復帰していた。

 また、チェコ代表としても105試合23得点の記録を残したロシツキーは、記者会見に出席し、「僕の体は、プロサッカー選手として試合への準備ができなくなってきた。慎重に考えた結果だ。ビッグクラブでもプレーできるよう最初のキャリアとして、僕を引き上げてくれたスパルタ・プラハに感謝したい」と引退を表明した。

●プレミアリーグ2017-18特集

TOP