beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ゲントがリーグ再開初戦で3-0快勝! 久保裕也は全得点シーンに関わる

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW久保裕也はフル出場で快勝に貢献

[1.21 ベルギーリーグ第22節 ゲント3-0ロケレン]

 ベルギーリーグ第22節が21日に行われ、FW久保裕也の所属するゲントはホームでロケレンと対戦し、3-0で勝利した。16試合連続スタメンの久保はトップ下でフル出場。全3つの得点シーンに顔を出したが、自身は4試合ノーゴールとなった。

 ゲントが先制したのは前半44分。味方のアクシデントで緊急投入されていたMFギオルギ・チャクベターゼがPA内右からクロスを送り、相手GKに弾かれたボールにフリーの久保が反応する。右足でのシュートモーションに入っていたが、重なる形でFWロマン・ヤレムチュクが後ろ向きからコントロールし、右足でシュート。枠を外れていたボールはロケレンDFヤコフ・フィリポビッチに当たって決まり、オウンゴールで1-0とした。

 後半18分にはMFフランコ・アンドリヤシェビッチが高い位置でインターセプトに成功すると、ボールを引き取った久保がドリブルでPA内左へ切れ込み、左足で折り返す。相手GKに防がれるも、久保と並走していたアンドリヤシェビッチがマイナスにパスを出し、ノーマークのヤレムチュクが右足で冷静にゴール左へと流し込んだ。

 さらに後半41分、久保が味方のクリアボールを自陣中央で収め、その後の組み立てから右サイドを強引に突破した途中出場のFWランヘロ・ヤンハが右足で鋭いクロス。PA内中央へ走り込んだ久保には合わなかったが、流れたボールをフリーで受けたチャクベターゼがPA内左で1人かわして左足のシュートを決め、3-0と勝負を決定づける。そのまま試合終了を迎え、ゲントはリーグ中断を挟んで2試合ぶりの白星を手にした。

●海外組ガイド

TOP