beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

サンチェスが移籍後初ゴール!完封勝ちのマンU、首位マンCとの勝ち点差を縮める

このエントリーをはてなブックマークに追加

移籍後初ゴールを決めたFWアレクシス・サンチェス

[2.3 プレミアリーグ第26節 マンチェスター・U 2-0 ハダースフィールド]

 プレミアリーグは3日、第26節を行った。マンチェスター・ユナイテッドはホームでハダースフィールドと対戦し、2-0で勝利した。

 前節、開始11秒で失点してトッテナムに敗れたユナイテッドは、その試合から先発4人を変更。DFフィル・ジョーンズとMFアシュリー・ヤング、MFポール・ポグバ、FWアントニー・マルシャルに代え、DFマルコス・ロホとDFルーク・ショー、MFスコット・マクトミネイ、MFフアン・マタがスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合はユナイテッドが優勢に進めるが、ハダースフィールドのハードなタックルに苦しめられ、スコアを動かすことができない。前半8分、ハーフェーライン付近からMFジェシー・リンガードが強引に中央を突破し、PA手前から右足シュートもGKがストップ。27分には、マタのパスをPA左角あたりで受けたFWアレクシス・サンチェスがカットインから右足を振り抜くが、ニアに蹴り込んだシュートはGKの横っ飛びセーブに阻まれた。

 前半のポゼッション率は77%、シュートは6本中4本が枠内に飛んでいたユナイテッド。後半も立ち上がりから主導権を握ると、10分に均衡を破る。左サイド深くでMFネマニャ・マティッチのパスを受けたマタがクロスを供給。相手のマークをはがしてニアに走り込んだFWロメル・ルカクが左足で合わせ、先制に成功した。

 ユナイテッドは後半10分にリンガードを下げ、ポグバを投入。すると、22分にサンチェスがDFミヒャエル・ヒーフェレに倒されてPKを獲得する。キッカーのサンチェスがゴール左に蹴り込んだシュートは読まれていたが、GKが弾いたボールをサンチェス自ら左足で押し込み、2-0。ホームデビュー戦のチリ代表FWが移籍後初ゴールを決めた。

 後半32分、ユナイテッドは先制点を決めたルカクを下げ、マルシャルを入れる。その後、追加点こそ奪えなかったが、ハダースフィールドに得点を許さず、2-0で完封勝ち。首位マンチェスター・シティがバーンリーと引き分けたため、勝ち点差を『13』に縮めた。

●プレミアリーグ2017-18特集

TOP