beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

試合中の悲劇…メイソンの現役引退を受けてケーヒル「胸が張り裂けそう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

担架でピッチを後にするメイソンを見守るガリー・ケーヒル

 ハル・シティに所属するMFライアン・メイソン(26)が13日、現役引退を表明した。これを受けてチェルシーのDFガリー・ケーヒルが自身のツイッター(@GaryJCahill)を更新した。

 トッテナム下部組織出身のメイソンは、2008年にトップチームデビュー。しかし、出場機会を得られず、ミルウォールなどへのレンタル移籍を経て、2016年8月にハルに完全移籍していた。そして、昨年1月22日に行われたプレミアリーグ第22節チェルシー戦で悲劇は起きた。

 前半12分、メイソンはCKからゴール前での競り合いでケーヒルと頭を衝突し、ピッチに転倒。意識こそあったものの、酸素吸入器による処置を受けるなど、数分間治療を受けてピッチを後にした。その後、搬送先の病院で頭蓋骨の骨折と診断され、手術を受けた。

 メイソンは復帰に向けてリハビリを続けていたものの、医師との話し合いの結果、怪我から約1年後の13日に現役引退を発表した。このニュースを聞いたケーヒルは、自身のツイッターで「ライアンのニュースを聞いて打ちのめされている。CKで競り合うことは何千回もやってきたことで、ライアンのようなトップ選手にこんな結果が待っていたことに胸が張り裂けそうな思いだ」とショックを隠し切れずにいる。

 最後に「彼とその家族に心からの愛を送り、最高の未来が待っていることを願っています」と綴った32歳ケーヒル。引退するメイソンのためにも、今まで以上の活躍をみせたいところだ。

●プレミアリーグ2017-18特集

TOP