beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

17歳FW中村敬斗が初ゴール!! G大阪、4発快勝でクルピ体制初白星…浦和はホームで完敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガンバ大阪が今季公式戦初勝利

[3.14 ルヴァン杯GL第2節 浦和1-4G大阪 埼玉]

 ルヴァン杯は14日にグループリーグ第2節を開催し、埼玉スタジアムではC組の浦和レッズガンバ大阪が対戦。前半10分にFWファン・ウィジョの得点でG大阪が先制すると、同41分にFW長沢駿が加点。後半にも長沢がネットを揺らしたG大阪が浦和の反撃を1点に抑えると、同42分にFW中村敬斗がプロ初ゴールを奪って4-1の勝利を収め、今季公式戦初白星を獲得した。

 第1節で名古屋に4-1の勝利を収めた浦和は、直近のJ1第3節長崎戦(△1-1)から先発6人を入れ替え、名古屋戦で2ゴールを奪ったFW荻原拓也らを先発起用。一方、公式戦4連敗中のG大阪はJ1第3節川崎F戦(●0-2)から先発3人を入れ替え、ファン・ウィジョ、MF泉澤仁、DFオ・ジェソクらがスターティングメンバーに名を連ねた。[スタメン&布陣はコチラ]

 試合開始早々の前半1分にいきなりフィニッシュまで持ち込んだのはアウェーのG大阪だった。左サイドからMF泉澤仁が送ったボールを長沢がつなぎ、FWアデミウソンが右足で狙うもGK西川周作の守備範囲に飛んでしまう。しかし、その後も圧力を掛け続けるG大阪が前半10分に先制に成功する。アデミウソンのパスから左サイドを独走した泉澤のグラウンダーのクロスに滑り込んだファン・ウィジョがネットを揺らし、スコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負った浦和は前半22分、MF長澤和輝の縦パスをPA内で受けたMF柏木陽介が巧みに流し、FWズラタンが好機を迎えるも、中央に走り込んだFW武富孝介に折り返したボールは相手選手にクリアされてしまう。同35分には右サイドの武富が折り返したボールに柏木が走り込むが、ダイレクトで合わせたシュートは枠を捉え切れなかった。

 すると前半41分、MF市丸瑞希のサイドチェンジを右サイドで受けたオ・ジェソクのピンポイントクロスにフリーで走り込んだ長沢がドンピシャのヘディングで合わせてネットを揺らし、G大阪がリードを2点差に広げた。

 2-0とG大阪がリードしたまま後半を迎えると、浦和がDF遠藤航に代えてMF青木拓矢、G大阪がアデミウソンに代えてFW中村敬斗を投入。同7分にはCKのこぼれ球に反応した荻原がミドルレンジから強烈な左足シュートを放つも、ボールはゴール左に外れた。すると同9分、左サイドでボールを受けた泉澤が対面した青木をキレのある動きで翻ろうすると、シュート性のクロスを長沢がヘッドで合わせてネットに突き刺し、G大阪がリードを3点差に広げた。

 大量リードを許した浦和は同11分、右サイドから送られたクロスをズラタンがヘディングで合わせるも、好反応を見せたGK東口順昭に弾き出されてしまった。同16分には浦和ベンチが動き、長澤に代えてMFマルティノスがピッチに送り込まれる。

 後半32分には市丸のスルーパスに走り込んだDF米倉恒貴が決定機を迎えるも、ダイレクトで合わせたシュートは横っ飛びした西川に阻まれてしまう。同34分には青木の浮き球のパスから抜け出した武富が倒されながらも粘り強く流し込み、移籍後初ゴールを記録して浦和が1点を返すも、同42分にドリブルで運んだ中村が右足シュートを流し込んでG大阪が4-1で大勝した。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●ルヴァン杯2018特設ページ

TOP