beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アンデルレヒトが優勝遠のく痛恨黒星…森岡亮太はフル出場も得点に絡めず

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF森岡亮太はフル出場したが、得点に絡めなかった

[5.10 ベルギーリーグPO1第8節 アンデルレヒト1-3スタンダール・リエージュ]

 ベルギーリーグは10日、優勝を争う「プレーオフ1」の第8節を行った。MF森岡亮太の所属する2位アンデルレヒトはホームで3位スタンダール・リエージュと対戦。1-3で敗れ、3試合ぶりの黒星を喫した。また、この後に試合を行う首位クラブ・ブルージュとの勝ち点差は2のままとなり、スタンダール・リエージュに抜かれて3位に後退した。3試合連続スタメンの森岡はフル出場を果たしている。

 アンデルレヒトは序盤から攻勢の展開。森岡は前半38分に左クロスから左足でボレーシュートを放つが、惜しくもメキシコ代表GKギジェルモ・オチョアの正面を突いた。

 先制できずにいると、押され気味だったスタンダール・リエージュが先にスコアを動かす。後半3分にカウンターからMFエジミウソン・ジュニオルが抜け出し、右足で流し込む。同6分にはエジミウソンの右クロスをFWルノー・エモンが押し込み、あっという間にリードを2点に広げた。

 アンデルレヒトは後半18分、PA内左でボールを奪ったMFラザル・マルコビッチの折り返しから、こぼれ球にMFピーテル・ヘルケンスが詰めて1点を返す。しかし、同33分に再びカウンターからエジミウソンに決められて1-3。終盤の反撃も実らず、逆転優勝へ向けて痛い黒星を喫した。

●海外組ガイド

TOP