beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「スポンサーの意向だ」 “日本キラー”の豪代表選出に物議、協会CEOが火消しの事態に

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWティム・ケーヒルを前面に押し出したガソリンスタンド『Caltex』

 オーストラリアサッカー協会は14日、ロシアW杯に向けたプレキャンプに臨む代表メンバー26人を発表し、38歳FWティム・ケーヒルが選出された。これに対して「スポンサーの意向によるものだ」などという批判が寄せられ、協会のデビッド・ギャロップCEOが火消しに走る事態に発展しているようだ。

 同国最多のW杯出場3度を誇るケーヒルは現在38歳。代表通算50得点の決定力はいまだ健在で、昨年10月のプレーオフでもゴールを記録し、4度目のW杯出場に大きく貢献していた。“日本キラー”としても広く知られており、2006年ドイツ大会での2得点を筆頭に通算5ゴールを挙げている。

 そんなストライカーが現在、どこかで聞き慣れた“疑惑”の渦中にある。現地版『FOX』によると、アメリカに拠点を持ち、世界数十か国でサービスを展開しているガソリンスタンド大手『Caltex(カルテックス)』との関係性だ。

 同社は『サッカールーズ』と呼ばれるオーストラリア代表のメインスポンサー。代表の公式サイトには『カルテックス・サッカールーズ』とあるように、一般的な国別代表と企業との関係性よりいっそう深く、クラブチームスポンサーのような密接ぶりだ。

 そんな同社がこのたび、ケーヒルの代表選出を受けて『Cahilltex(ケーヒルテックス)』というキャンペーンを展開した。同時に公開されたプロモーション動画では、ガソリンスタンドに現われたケーヒルがイナズマを使い、『カルテックス』を『ケーヒル・テックス』に変身させるというものとなっている。

 このキャンペーンは、ケーヒルの代表選出が決まった直後にスタート。所属先のイングランド・チャンピオンシップ(英2部相当)のミルウォールで、わずか10試合しか出場していないということもあり、「スポンサーありきの選出ではないか」という批判が寄せられているようだ。

 これについて同協会のギャロップCEOが、コメントを発表するという事態に発展している。「私はティミー(ケーヒルの愛称)の実績を見ているんだ」と強調し、「彼が26人に入ったという事実をバカにできる人はいないと思う」と良いパフォーマンスを発揮できると主張。スポンサーの介在を真っ向から否定している。

 オーストラリア代表メンバーは今後、プレキャンプに参加する26人からW杯本大会に登録される23人に絞られる見込み。そこに38歳の名前があるのかどうか、さらなる注目を集めることになりそうだ。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP