beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

宮本恒靖監督に怒鳴られた17歳ルーキーFW中村敬斗「少し上の空で」

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮本恒靖監督に怒られたと明かしたFW中村敬斗

[5.26 J3第8節 G大23 2-4 F東23 吹田S]

 パナソニックスタジアム吹田で26日に行われたJ3第8節・FC東京U-23戦でJリーグ初得点を挙げたガンバ大阪U-23のFW中村敬斗(17)だが、出場直後に宮本恒靖監督から怒られる一幕もあった。Jリーグ公式サイトが同選手のコメントを伝えている。

 ベンチスタートとなった中村は後半24分にMF泉澤仁との交代で途中出場。1-3で迎えた同32分にMF妹尾直哉がPA内左から送ったクロスに頭で合わせ、ゴール右に決めた。

 待望のJリーグ初得点となったが、本人は「ゴール以外を見たら、特に良いプレーをしたかといえばそうではないと思いますけど、とりあえず結果が欲しかったので、良かったと思います。ただ、J3ということを忘れずに、満足しないで、J1で点を取っていきたいです」と冷静に振り返っている。

 また、出場直後の自身のプレーにも課題を感じているようだ。17歳ルーキーは「ピッチに入る前は、(宮本監督に)『自分の得意な形を出してこい』と言われました。ただ、最初の3プレーくらいで怒られました。パスを出したんですけど、パスか自分のトラップか曖昧なところが2シーンくらいあって、奪われて、切り替えに行こうと思ったんですけど、少し上の空で怒鳴られました」と明かした。

 試合はFC東京U-23に2-4で完敗。それでも中村は「得点という結果は出したので、次につながると思います」と気持ちを切り替えた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP