beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

終了後にレッドカード受けた栃木SCペチュニク、「乱暴な行為」で1試合の出場停止処分に

このエントリーをはてなブックマークに追加

栃木SCのFWネイツ・ペチュニク

 Jリーグは29日、次節以降の出場停止、ベンチ入り停止処分を発表した。J2第16節の大宮戦で、試合終了後にレッドカードを受けた栃木SCのFWネイツ・ペチュニクは、1試合の出場停止処分となった。

 ペチュニクは試合終了直前に相手選手と交錯し、掴み合いにまで発展。その後整列中に三上正一郎主審によってレッドカードを受けていた。ペチュニクの処分理由については、「(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の相手選手の喉元を掴んだ行為は、「乱暴な行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする」と伝えられている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP