beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

森本貴幸30代初ゴールで福岡3連勝で首位浮上!熊本はルーキー池谷デビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡が森本貴幸のゴールで首位に浮上!

[6.10 J2第18節 熊本0-1福岡 水前寺]

 アビスパ福岡が敵地でロアッソ熊本を1-0で下した。福岡は3連勝で勝ち点35。大分が敗れたことで首位に浮上した。

 福岡の得点は前半31分、ドゥドゥがドリブルで持ち込んでパスを出すと、FW森本貴幸が右足を振る。上手く左隅に飛んだシュートは雨でスリッピーになったピッチで伸びて、ゴールに吸い込まれていった。

 今季は4月22日の第10節までに5得点を決めてた森本だが、それ以降は不発。5月7日に30歳の誕生日を迎えて初めてのゴールとなった森本は「ワンチャンスを決められて良かった。先月は点が取れなかったので、今月はもっと点を取って、チームの勝利に貢献したい」とコメントした。

 一方の熊本は3連敗。4月28日の第11節以降はわずか1勝と苦しい戦いが続く。この日は昨年まで監督を務めた池谷友良氏の長男、ルーキーMF池谷友喜を途中出場でリーグ戦デビューさせたが、流れを変えることは出来なかった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP