beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

メッシが48年ぶり珍記録…“苦手”のPK失敗に、相手GK「予習していた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

PKを失敗したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ

 アルゼンチン代表は16日、グループリーグ第1節でアイスランド代表に1-1で引き分けるという番狂わせを演じた。誤算だったのはFWリオネル・メッシのシュート決定率。苦し紛れのシュートも多かったが、11本でノーゴールは48年ぶりの珍記録だという。

 イギリスメディア『BBC』によると、データが残っている1966年以降、ノーゴールでの最多シュート記録は1970年にスウェーデン戦で記録した元イタリア代表FWルイジ・リーバの13本。メッシの記録はそれに続くもので、48年ぶりの珍事となってしまった。

 この日は、ペナルティーキックをGKハンネス・ハルドーソンに止められるという場面もあった。データサイト『オプタ』によると、メッシのPK失敗は直近7回の試行で4回目。決定率は50%を切っている。ハルドーソンは試合後の取材に対し、「予習はしていた。メッシのPKを数多く見てきたけど、こんなふうにうまくいってとても良い気分だ」と述べている。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP