beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アーセナル、レバークーゼンから正GK候補を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナルに移籍したレバークーゼンGKベルント・レノ

 アーセナルは19日、ドイツ代表予備登録メンバーに入っていたレバークーゼンGKベルント・レノ(26)の獲得を発表した。ドイツメディア『キッカー』によると、契約期間は5年間となっている。

 レノは2011年、シュツットガルトからレバークーゼンへ移籍。当時19歳でトップチームの正GKに就くと、ブンデスリーガ通算233試合に出場してきた。

 ウナイ・エメリ新監督は「高いクオリティーと経験を持っている。ブンデスリーガで正GKを担ってきた選手がアーセナルを選んでくれてうれしい」などとコメントした。

 また、レノ自身もクラブのインタビューに応え、「クラブの歴史、ファン、チームの質が高い。チームがUEFAチャンピオンズリーグに戻って、トロフィーを獲得するのを手助けしたい」と意気込んでいる。

●プレミアリーグ2017-18特集

TOP