beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルサのトップターゲットはW杯でも躍動するカンテ…伊メディア報道

このエントリーをはてなブックマークに追加

W杯でも活躍中のMFエンゴロ・カンテ

 バルセロナが、チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの獲得を狙っているようだ。イタリアメディア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じた。

 2015-16シーズンにレスター・シティの歴史的なプレミアリーグ優勝に貢献したカンテは、16年の夏にチェルシー入り。チェルシーでも不動のレギュラーとして活躍し、16-17シーズンにプレミアリーグ優勝を経験した。現在は、フランス代表としてロシアW杯に参戦しており、ここまで6試合に出場。決勝に進出した“レ・ブルー”でも欠かせない存在となっている。

 しかし、クラブにおいては変化が生まれるかもしれない。所属するチェルシーは13日、アントニオ・コンテ監督を解任。新指揮官として招へいされることが濃厚とみられている前ナポリ指揮官のマウリツィオ・サッリ氏は古巣から、よりビルドアップでボールに関与できるイタリア代表MFジョルジーニョを呼び寄せるとうわさされている。

 一方、バルセロナでは今夏にMFアンドレス・イニエスタとMFパウリーニョが退団した。そこでバルセロナはカンテに目を付けているようで、獲得リストの最上位に名前が記されているという。なお、カンテの獲得オペレーションでは、バルセロナのMFアンドレ・ゴメスが含まれる可能性があるようだ。

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
●プレミアリーグ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP