beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

1年生FW吉田騎が2ゴール!エストレラ姫路相手に4発快勝の仙台ユースがGS突破に望み

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベガルタ仙台ユースFW吉田騎(右)は2得点の活躍

[7.23 日本クラブユース選手権U-18大会GL第2節 仙台ユース 4-0 エストレラ姫路U-18 宮城総合]

 第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会は23日グループステージの2日目を迎えた。前橋市宮城総合運動場陸上競技場で行われたグループBのベガルタ仙台ユースエストレラ姫路FC U-18の一戦は4-0で仙台ユースが快勝した。

 序盤は、初出場・エストレラ姫路がテクニックと活動量を併せ持つMF西木輝瑠(3年)を中心に丁寧にボールをつなぎ、サイドに展開してクロスボールから決定機をつくった。右サイドからボールを受けたMF礒川恭太(1年)がクロスバー直撃のシュートを放つ。

 しかし、その後は仙台が徐々に攻撃の圧力を強めた。エストレラ姫路はフィジカルの強さが持ち味でこの日キャプテンマークを巻いたDF杞山拓実(3年)や、GK河野楓樹(1年)を中心に何とか持ち堪えていたが、前半終盤に仙台の2トップが牙を剥く。

 32分、仙台はDF佐々木勇輔(2年)からパスを受けたMF工藤蒼生(3年)がドリブルで左サイドを突破し、クロスを放つ。このクロスを左足で豪快にゴールに叩き込んだのはFW吉田騎(1年)。プリンスリーグ東北で一度も先発出場経験が無く、大抜擢された1年生FWが大仕事をやってのけたことでチームは一気に勢いづいた。35分にはDF山田太翔(2年)のクロスを受けたFW菅原龍之助(3年)が右足でシュートを決め、2-0で前半を終えた。

 後半は仙台がほぼ相手陣内で試合を進める状況となった。6分、工藤蒼からの浮き球パスをDFライン背後で受けた吉田が、相手GKの位置を見て鮮やかなループシュートを決めてこの日2得点目。29分には途中出場のFW清水一雅(2年)のパスを受けたMF粟野健翔(3年)が倒れ込みながらも相手GKの脇を抜く技ありゴールを決め、仙台が4-0で勝ち点3とした。同グループもう1試合は清水エスパルスユースと大宮アルディージャユースがスコアレスドローとなり、勝ち点4となったため、仙台は25日の大宮戦で勝利すれば自力でノックアウトステージ進出を決められることになった。

 仙台の壱岐友輔監督は2ゴールを挙げた吉田について「背後のアクションが良い選手で、今日のグラウンド状況では彼の良さが生きると思った」と抜擢の理由を説明。吉田のスピードをエストレラ姫路の守備陣は止めることができず、起用は大成功。「相手のDFライン背後へのボールを多くしようという狙いで、自分が要求して背後に行けたので、狙い通り点数が取れた」と笑顔で吉田は語った。大会中のラッキーボーイ登場で、3年ぶりのノックアウトステージ進出に向けて大きな弾みとなった。

 一方、グループステージ敗退の決まったエストレラ姫路は、結果的に礒川がバーに当てたシュート1本に抑えられた。松本真吾監督は「仙台ユースは最後まで走れていたが、うちは大宮ユース戦での疲労が出てしまった」と猛暑の中での連戦の厳しさを語った。それでも「長いボールは蹴らせず、サポートをつくって個々の技術で勝負したい」と丁寧にショートパスをつないで決定機をつくるスタイルを貫かせた。

 ゲームキャプテンの杞山は「仙台ユースは一回りも二回りも上手くて全然攻められなかった。ただ前半はチームコンセプトのつないで攻めることはできていた」と力の差は認めたものの、自分たちのスタイルで戦えたことを誇った。「清水ユースが一番強いと思うので、守備の時間は長くなってもエストのサッカーを見せたい」と最終戦へ強く意気込んだ。
   
(取材・文 小林健志)
●第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会特集ページ

TOP