beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

G大阪、宮本新監督の初陣はドロー決着…鹿島は20歳CBがプロ初ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮本恒靖新体制のガンバ大阪は鹿島アントラーズとドロー決着

[7.28 J1第18節 G大阪1-1鹿島 吹田S]

 J1リーグは28日、第18節を行った。パナソニック・スタジアム吹田ではガンバ大阪鹿島アントラーズが対戦。1-1で引き分けに終わった。G大阪は連敗ストップも6試合未勝利(3分3敗)、鹿島は4試合無敗(2勝2分)とした。

 16位(勝ち点15)に低迷しているG大阪は23日、レヴィー・クルピ氏を解任。U-23監督の宮本恒靖氏がトップチーム監督に昇格した。新体制初陣となるこの試合は、22日の清水戦(1-2)から3人を変更。DFファビオとDFオ・ジェソク、そしてプロ2年目のMF高宇洋がJ1デビューを果たした。

 中2日の大阪連戦となる鹿島は、C大阪戦(2-0)から3人を変更。DF内田篤人が6試合ぶりの先発、C大阪戦で負傷交代したDF昌子源に代わってDF町田浩樹、MF永木亮太が起用された。また、FW金崎夢生(→鳥栖)との実質トレードで加入したDFチョン・スンヒョンがベンチ入りした。

 鹿島は、DF植田直通がセルクル・ブルージュに移籍、昌子をケガで欠く苦しい台所事情だが、CBでコンビを組むDF犬飼智也と町田を中心に集中した守りを展開。中盤のMF三竿健斗も高い位置で相手の攻撃を止めた。前半7分には、右サイドから内田が上げたクロスのクリアボールをキャプテンマークを巻いたMF永木亮太が左足ボレー。これはわずかに枠を外れたが、相手をヒヤッとさせた。

 対するG大阪は、宮本新監督が試合前に「チームとして戦うことが大前提」と語ったように前から連動してプレッシャーをかけ続けると、前半9分にはFWアデミウソンが敵陣中央でボールを奪ってGKと1対1の状況を作り出した。さらにDF初瀬亮、DF米倉恒貴らがサイドから積極的に攻撃を仕掛け、何度もゴール前にクロスボールを供給した。

 そんな中、試合が動いたのは前半41分だった。鹿島は敵陣中央やや左でFKを獲得すると、キッカーの永木がPA右深くに蹴り込む。これを犬飼が中央に折り返し、町田が押し込んで先制点。ユース育ちの町田は昇格3年目で嬉しいプロ初ゴールとなった。

 早い時間帯に追いつきたいG大阪は、後半2分に縦パスをアデミウソンがワンタッチで右サイドのスペースに送り、オ・ジェソクが中央へ折り返す。しかし、中のターゲットはFWファン・ウィジョしかおらず、シュートを放つことができなかった。

 互いに堅い守りで流れから決定的なシーンを作り出すことができないが、得点の匂いを感じさせたのは鹿島だった。しかし、G大阪にラッキーなゴールが生まれる。後半25分、右サイドで細かくパスをつなぐと、MF倉田秋のパスを受けた米倉がクロスを上げる。弧を描いたボールは大きくなり、味方が合わせることができなかったが、そのまま左サイドネットに吸い込まれ、1-1。試合を振り出しに戻した。

 息を吹き返したG大阪は、後半32分にアデミウソンが独特のリズムで仕掛け、PA手前にこぼれたボールをMF遠藤保仁が左足ダイレクトシュート。これは惜しくも枠を外れた。直後に宮本新監督は、米倉を下げてMF藤本淳吾をピッチに送り込む。36分には、アデミウソンのパスを受けたファン・ウィジョが左から切れ込み、右足を振り抜く。得意の形だったが、クロスバーを越えていった。

 両チームは、交代カードを使いながら勝ち越し弾を狙ったが、スコアは動かず1-1のままタイムアップ。G大阪は宮本新監督の初陣を白星で飾れなかった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第18節2日目 スコア速報

TOP