beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「何でか分からないけど…」今大会初得点!! FW前田大然の“予感”

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-21日本代表FW前田大然

[8.16 アジア大会GL第2節 U-21日本4-0パキスタン チカラン]

 自慢の快足を生かしてゴールを陥れる。大会前に「FWなのでゴールにこだわっていきたい」と語っていたU-21日本代表FW前田大然(松本)は、初先発となったパキスタン戦でしっかりと結果を残した。

 前半2分にFW岩崎悠人(京都)、同9分にFW旗手怜央(順天大)が決めて2点のリードを奪うと、同10分に今度は前田が仕事をこなす。高い位置でボールを奪った岩崎からボールを呼び込むと、すぐさま前に構える旗手に預ける。「何でか分からないけど、もう一回もらえるような気がした。来るだろうと思っていた」とリターンパスを受けてPA内に侵入。飛び出したGKの脇を抜けるシュートでネットを揺らし、チーム3点目を記録した。

 松本ではシャドーの位置で起用されているが、この日は1トップの位置に入った。普段とは異なるポジションとなり、「チームでFWは全然やったことがないので、あまり分からないかなと思っていた」と答えつつも、「このチームはシンプルに前におればいい感じなので、やりにくさはあまりなかった」と手応えを十分に得たようだ。

 チームは4-0の快勝、自身にも待望の初ゴールが生まれた。「やっぱりFWなんで、点が元気になる『一番の薬』。点を取れたのは素直に良かった」と勢いに乗って第3戦ベトナム戦へと向かう。

(取材・文 折戸岳彦)
▼第18回アジア大会特集ページ

TOP