beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

デビュー戦ゴールの大迫勇也を独メディアも高評価!「ヘディングモンスターだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

デビュー戦で早速ゴールを挙げた大迫勇也

 ブレーメンでのデビュー戦で早速ゴールを挙げた日本代表FW大迫勇也を、ドイツメディアも高く評価している。

 18日に行われたDFPポカール1回戦で、ボルマティア・ボルムス(4部)と対戦したブレーメン。この試合で先発した大迫は、9分にヘディングで先制点を奪った。チームの6-1という大勝に大きく貢献している。

 新天地でのデビュー戦で早くも結果を残した日本代表FWに対し、ドイツ『kreiszeitung』も「2」と高い評価を与えている。

「ヘディングモンスターだ! (プレシーズンマッチの)ビジャレアル戦でもゴール。あれは缶のフタを開けるものだった。右サイドで遊び心を発揮したが、まだ新たな仲間とのコンビネーションは完璧ではない」

 なお、最高点は大迫の先制弾をアシストしたフロリアン・カインツで、最高点の「1」となった。

 素晴らしい新天地デビューを果たした大迫。ロシア・ワールドカップ(W杯)でも飛躍した28歳は、今季何ゴール奪えるのだろうか。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP