beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

豊川雄太が決勝弾の起点! オイペンは今季初白星で最下位を脱出

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝ゴールの起点となったFW豊川雄太

[8.25 ベルギー・リーグ第5節 ムスクロン0-1オイペン]

 ベルギー・リーグ第5節が25日に行われ、FW豊川雄太の所属する最下位オイペンは敵地で15位ムスクロンと対戦し、1-0で勝利した。今季初白星でムスクロンを抜き、最下位を脱出。4試合連続スタメンの豊川は決勝点に絡み、後半35分までプレーした。

 昨季は豊川の活躍により、最終節で奇跡の残留を果たしたオイペン。今季も開幕4連敗と苦しいスタートを切っていたが、豊川が低迷脱出のきっかけを作った。

 前半29分、左からの折り返しに豊川が右足で合わせると、シュートは相手GKに弾かれるも、こぼれ球をDFシェイク・ケイタが左足で押し込む。先制ゴールの起点となった豊川は後半35分に交代。チームは1-0で逃げ切り、今季初の勝ち点3を獲得した。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP