beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「心の底からそう思っている」 20歳堂安律、A代表初日で強気に宣言

このエントリーをはてなブックマークに追加

A代表に合流した日本代表MF堂安律

 弱冠20歳にして満を持しての日本代表初招集。“森保ジャパン”に合流したフローニンゲンMF堂安律は初日のトレーニング終了後、「ずっと言ってきたけど、年齢は関係ない。心の底からそう思っている」と力強く意気込みを述べた。

 昨季は周囲を驚かせる飛躍の一年となった。昨年5月にはU-20W杯でチームをベスト16に導き、オランダ移籍1年目で10得点。今回のA代表入りも以前から確実視されており、「努力してきた自分自身を褒めても良いんじゃないかと思う」とたしかな手応えは隠さない。

 だが、自身にとって大切なのは「努力をして、考え方も変わって、簡単な一年じゃなかった」ことだ。「守備では身体を張ること、攻撃では点を取り切ること、結果にこだわることが求められた」と振り返った堂安は「サッカー観の違いというか、自分自身の課題が日本とは全く違った」と努力の跡をのぞかせた。

 ロシアW杯でのサプライズ選出は果たせずも、新体制初陣で念願の日の丸を勝ち取った。「すごく楽しみ」と野心を見せた一方で「小さい頃から憧れだったけど、いざ呼ばれてみると実感は沸かない」と感慨はなし。前のめりな姿勢でキリンチャレンジ杯に臨もうとしている。

「自信がないと自分の良さは出せないし、自信があってこそのプレースタイル。もし1年前に呼ばれてたとしても、自信を持ってやれるという自信はあった」

 持ち前の強気さをA代表でも示した20歳は「ずっと年齢は関係ないと言ってきたけど、心の底からそう思っている。口だけじゃなくピッチの中で表現して、『アイツすげえな』と思われるようにやっていく」と高らかに宣言した。

(取材・文 竹内達也)

●アジアカップ2019特設ページ

TOP