beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

CSKAモスクワ加入のFW西村拓真、初練習を終えて日本との違いを明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW西村拓真が新天地への意気込みを語る

 CSKAモスクワに加入したFW西村拓真が新天地で意気込みを語っている。『CSKATV』が伝えた。

 8月31日、CSKAモスクワへの完全移籍が発表され、さっそくUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバー入りを果たした西村。クラブの公式インタビューを受け、英語で「とても幸せです。ここに来て興奮しています」と述べ、その後は日本語で新天地の印象を語った。

「僕にとってこの決断はそんなに難しくはなかったですし、上のレベルでやれることがすごく楽しみで仕方なかったです」。ロシアという異国でのプレーにも迷いはなかったという西村は、最初の練習を終えて「日本と違って少しスピーディな感じがあったので、早く慣れてチームに貢献したいと思います」とJリーグとの違いを明かす。

 ロシアを代表するクラブで戦うことには「ロシアで優勝争いをして、タイトルを取らないといければいけないチームである」と高い意識を持ちつつ、「チャンピオンズリーグでしっかり戦うっていうことがCSKAモスクワの使命だと思うので、そこに大きく貢献したいです」と欧州での舞台にも物怖じはしていないようだ。

「もちろん日本代表で活躍したいと思っていますし、まずはここでしっかりと戦って、日本代表に貢献できれば尚良いです」と日本代表にも言及。21歳での海外ビッグクラブの挑戦に「過去に無い例なので、日本人として成功を収めたいという気持ちが強いです」と固い決意を口にした。

●海外組ガイド

TOP